[AWKと学ぶPowerShell] #02 - テキストとオブジェクト

AWKの特徴と比較してPowerShellの特徴を説明しました。

動画の概要

今回もAWKとPowerShellそれぞれの特徴を比較しながら特性の違いをお話ししました。


AWKはテキストベースである

以下のような動きでテキストをベースにした処理を行います。

  • 指定された、あるいは空白、タブ文字でデータを分割する
  • 区切られたデータをフィールドとする

このため、テキスト編集を目的とした組み込み関数や特殊な変数を利用することができます。


PowerShellはオブジェクトベースである

以下のような動きでオブジェクトをベースにした処理を行います。

  • 入力も出力も.Net Frameworkのオブジェクト
  • オブジェクトのプロパティを操作することが中心
  • 操作のためのコマンドレットが用意されている

このため、テキストであればStringオブジェクトとなるためAWKのようにテキスト編集に特化した仕組みではありません。


もんが(なるーらぼ)

個人でプログラミングの学習サイト「なるーらぼ」を運営しています。
https://nalu-labo.amebaownd.com
PowerShell入門の電子書籍2冊も出版しています。
http://www.amazon.co.jp/dp/B017LJOCJ2

なるーらぼ

忙しい非プログラマに贈るプログラミング学習サイトです。 3分動画を使ったPowerShellや要件定義の入門講座、パソコン活用のtipsを公開しています

0コメント

  • 1000 / 1000