[AWKと学ぶPowerShell] #07 - パターン

今回はAWKの特徴であるパターンとアクションの組み合わせについて、PowerShellだとどうなるのかということと比較して説明しています。

AWKではテキスト編集に特化されているので非常に短く直感的に操作することができます。一方でPowerShellではオブジェクトが前提となるので若干面倒な書き方になることがおわかりかと思います。


今回はAWKは短いのですがPowerShellではちょっと長いスクリプトになりましたのでコードも再掲しておきます。


AWK

awk 'NR <= 3' aaa.txt
awk 'NR%3 == 0' aaa.txt
awk '$3 > 100' aaa.txt

awk '/売掛/' aaa.txt

awk '/^;/' aaa.txt


PowerShell

cat -Head 3 .\aaa.txt -Encoding UTF8
$i = 1; cat .\aaa.txt -Encoding utf8 | ForEach-Object { if(($i%3) -eq 0){$_}; $i++ }
Import-Csv .\aaa.txt | Where-Object { [Convert]::ToDecimal($_.売上) -gt 100 }

(cat .\aaa.txt -Encoding UTF8) -match "売掛"

(cat .\aaa.txt -Encoding UTF8) -match "^;"


もんが(なるーらぼ)

個人でプログラミングの学習サイト「なるーらぼ」を運営しています。
https://nalu-labo.amebaownd.com
PowerShell入門の電子書籍2冊も出版しています。
http://www.amazon.co.jp/dp/B017LJOCJ2

なるーらぼ

忙しい非プログラマに贈るプログラミング学習サイトです。 3分動画を使ったPowerShellや要件定義の入門講座、パソコン活用のtipsを公開しています

0コメント

  • 1000 / 1000