[tips]PowerShellのバージョンを確認する

PowerShellはバージョンによって存在するコマンドレットがあったりなかったりします。

特に便利なコマンドレットほど最近のバージョンにしかありません。

そうしたときにPowerShellのバージョンによってコマンドレットを利用してもらうか自前のサブルーチンを利用してもらうか分岐させたいですよね。

PowerShellでバージョンを確認するには「$PSVersionTable」という特殊な変数を利用します。

なお、この変数はバージョン1にはありません。

よってバージョン1かどうかはこの変数が存在しないことを確認すればいいでしょう。

それ以外は以下でメジャーバージョンを取得することができます。

$PSVersionTable.PSVersion.Major

このほか、$PSVersionTableには.Net Frameworkのバージョン(PowerShellをビルドしたバージョン)、PowerShellのビルドバージョンなども含まれます。

もちろん、マイナーバージョンやリビジョンも含まれています。

より細かいチェックをする場合はそれらも活用するとよいでしょう。

もんが(なるーらぼ)

個人でプログラミングの学習サイト「なるーらぼ」を運営しています。
https://nalu-labo.amebaownd.com
PowerShell入門の電子書籍2冊も出版しています。
http://www.amazon.co.jp/dp/B017LJOCJ2

なるーらぼ

忙しい非プログラマに贈るプログラミング学習サイトです。 3分動画を使ったPowerShellや要件定義の入門講座、パソコン活用のtipsを公開しています

0コメント

  • 1000 / 1000